セミナー

【ライブ配信セミナー】
最新ISO/JIS規格に対応!

海外での企業展開に通用する機械図面を作図するための
“幾何公差”の使い方・表し方【初級編】

開催主旨

 今までの日本の機械図面では、もはや海外での企業展開には通用しません。

 その最大の理由は、「形状の表し方」にあります。これまでの日本の図面は、部品のあるべき「形状」を、ほとんど「寸法公差」を用いて指示し、表現してきました。しかし、「寸法公差」でカバーできる部分は非常に少なく、ほとんどの場合、数値と記号を用いて図示する「幾何公差」を使って指示しないと、細かな要求内容を正確に表現することはできません。

 本セミナー【初級編】では、まず、 「幾何公差」を用いることの意義を知ってもらい、 「幾何公差」の基本事項をきちんと理解してもらいます。その上で、現在、規定されている全19種類の「幾何公差」のそれぞれの基本的な図面指示方法と、それが意味する内容をしっかり身につけてもらいます。

 最後に、幾何公差の正しい使い方を問ういくつかの演習問題に取り組んでもらうことで、「幾何公差」に対する理解を確かなものにします。

 本セミナーは、「幾何公差」について全くといって知らない方、これから「幾何公差」を使った図面をつくりたいと思っている方、少しでも世界に通用する「機械図面」がどのようなものか知りたい方など、それぞれの方に役立つ基本的な内容です。

 本セミナーを受講することで、世界に通用する機械図面における「幾何公差」の意義を知っていただけるものと期待しています。
 なお、幾何公差を使った図面を作図する実践的な内容については、9/20(火)開催の【中級編】セミナーをご受講ください。


■受講をお勧めする方
・製品設計者
・生産技術、測定技術に携わる方
・社内標準に携わる方

 

■受講特典

ご受講者には講師著書『“サイズ公差”と“幾何公差”を用いた機械図面の表し方』(日刊工業新聞社刊)を無料進呈いたします。 

 

概要

日時 2022年 8月 25日(木)13:00~17:00
(12:30 ログイン開始)
会場 WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。
受講料

お一人様:33,000円(資料含む、消費税込)

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書を郵送またはメール(PDFファイル)にてお送り致します。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
⇒ プライバシーポリシー
申込締切日について 講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。
問合せ先 日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

小池 忠男 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

 1.幾何公差の基礎知識(幾何公差を用いる上で、基本事項の全般について詳しく説明します)
・幾何公差を用いることの意義 ・幾何公差19種類、記号、定義
・主な用語とその意味 ・「データム」/「データムターゲット」、役割、各種記号、指示方法
・基本的な指示方法
 2.幾何公差の指示方法と解釈(それぞれの図面指示方法とそれが表す公差域の解釈を、図を用いて説明します)
・形状公差 (真直度、平面度、真円度、円筒度)
・姿勢公差 (平行度、直角度、傾斜度)
・位置公差 (位置度、同心度、同軸度、対称度)
・線の輪郭度、面の輪郭度
・振れ公差 (円周振れ、全振れ)
 3.演習問題(6問。以下の「幾何公差の正しい使い方」を問うものです)
 真直度、真円度、円筒度、同軸度、直角度、平行度、位置度、傾斜度、面の輪郭度
(各問題に取り組んでもらった後で、講師から問題解説します)
 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス