セミナー

“最新”多品種少量生産工場の
ヒューマンエラー徹底対策講座
即効対策・しくみの対策& IoT の活用

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

◇品質管理活動の形骸化とヒューマンエラー
 従来、工場のヒューマンエラーは、現場の作業ミス、作業モレなどのポカミス対策が中心となっていましたが、近年、企業風土や組織、管理の不備、欠陥を背景としたヒューマンエラーがクローズアップされ、単なる工程のポカヨケ対策だけでは、ヒューマンエラーの防止は困難となっています。
 背景として、市場の品質要求の高まりによって、モノの品質だけでなく組織の品質として、情報の扱い、顧客に対する企業の姿勢が問われるようになっているためです。
 
品質管理活動とは「顧客視点で、問題を未然に防止する活動」と定義されます。しかし、残念ながら企業における品質管理活動の停滞、形骸化によって、市場の品質要求に応えることができず、繰り返し同様な問題が発生しています。
 グローバル化、製品・サービスの多様化により、工場は短納期、多品種少量生産に対応していかなければなりません。しかし品質管理のレベルは、大量生産時代に導入された形がそのまま残っており、更にISO9000、FMEAなどが新しく導入されたが、効果的なツールとして適用されていないのが現状であります。今や企業の品質管理活動は、その本質を見失いつつあり、日本は品質管理の先進国とは決して言えない状況にあると言えます。
 
品質管理活動の形骸化は、いずれは市場クレームや事故・災害につながるのであって、クローズアップされた様々な市場問題は決して他人事ではありません。この講座では、ヒューマンエラー対策を通じて、日常の正しい品質管理活動のあり方、正しい品質管理手法の導入方法についても理解を深めて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本セミナー「品質管理手法」 解説■
5つの特徴
1.経営資源に限りある中小企業にとって、実現可能な管理手法の普及を目指しています。
2.過去の体験事例に手法を当てはめ、応用の仕方、効果・限界を検証します。
3.各手法は現場の品質管理活動の中で、どこに位置付けられるのかを明確にします。
4.品質トラブル未然防止のしくみづくりが最終の目的であり、手法はその手段とします。
5.品質管理の基本(本質)を理解し、またそれを守ることの大切さを理解します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      

 

概要

日時 2017年 9月 28日(木) 10:00~17:00
(9:30受付開始、休憩 12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
受講料 43,200円(資料代、消費税込)
※1社複数名のご参加の場合、2人目より10%割引(38,880円)致します。ただし、同セミナーを受講される場合のみ適用させて頂きます。
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込にて開催の前日までに必ずお支払いください。尚、お支払い済みの受講料はご返金できかねますので、ご了承ください。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

濱田 金男 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 はじめに
 ◇ 品質管理活動の形骸化とヒューマンエラー
 ◇ 品質管理活動の3つのポイント 
 ◇ 真の原因対策ともぐら叩きの違い
 1. ヒューマンエラーとは
 1.1 ヒューマンエラーのメカニズム
 1.2 ヒューマンエラーの要因(HE3分類)
 1.3 ヒューマンエラー対策がうまくいかない理由
 2. ヒューマンエラー原因解析手法
 2.1 なぜなぜ分析による解析
 2.2 FTAによる解析
 2.3 特性要因図による解析
 2.4 不良原因解析なぜなぜ2段階法による解析
 2.5 2段階法によるヒューマンエラー解析手法
 3. ヒューマンエラー対策事例
 事例研究1 (問題の放置)
  機械の不具合と検査方法の悪さで不良が慢性的に流出する
 事例研究2 (三現主義の放棄、手法の誤った使い方)
  組立作業ミスが流出する
 事例研究3 (作業のムリ・ムラ・ムダによる作業ミス)
  ピッキング作業ミスに対する間違った対策
 事例研究4 (作業中断による工程飛ばし)
  組立品のネジの締め忘れクレーム
 事例研究5 (設計ミスの起因で、熱処理工程条件の無断変更)
  機械の運用中に、部品の疲労破壊による運用停止
 事例研究6 (海外工場移管で作業指示違反)
  エアーバック事故
 4. 日常業務管理とルール順守
 4.1 工程設計とQC工程図(重点管理項目、管理点、点検点)
 4.2 日常管理と基本ルール順守( 4M管理/見える管理/基本ルール順守)
 4.3 流出防止即効対策(検査方式設計/トヨタ式自働化・ポカヨケ/ヒヤリハット報告)
 5. 効果的な手法の導入と改善活動
 5.1 信頼性解析手法 (リスクアセスメント/FMEA)
 5.2 現場改善手法( 方針管理と小集団活動/5S改善活動/TPM改善活動)
 5.3 人の対策( 教育訓練制度/組織(CRM)/リーダー・プロ人材の育成)
 6. IoT活用によるミス防止対策
 6.1 IoTとは何か?
 6.2 工場設備制御の事例
 6.3 デジタルセルラインの事例
 6.4 中小製造業のIoT化とミス防止対策

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス