日刊工業新聞社 トピックス

  • トップ
  • 日刊工業新聞社 トピックス詳細
お知らせ

未来を拓き、現場を支える ”金型の技術総合誌”

『型技術2021年3月号』【特集】金型加工の段取り改善に役立つ最新ツールと活用法(毎月16日発売)

(2021.02.16)

『型技術2021年3月号』【特集】金型加工の段取り改善に役立つ最新ツールと活用法(毎月16日発売)

お求めは、全国書店、日刊工業新聞社の書籍・雑誌の
オンラインショップ(Nikkan Book Store)
などから。

定価 1,540円(税込)

日刊工業新聞社が1月16日に発売する「型技術2021年3月号」は、「金型加工の段取り改善に役立つ最新ツールと活用法」を特集。

 金型のような一品ものの加工では、頻繁な段取り作業がリードタイム削減のネックとなります。ワークや工具の取付け、加工原点の設定や工具径補正など各作業に細かい配慮が求められ、経験の浅いオペレーターだと必要以上に時間がかかってしまうケースもあります。そこで重要になるのが、ツールプリセッタやパレット交換装置などを活用した「外段取り化」です。
 特集では、金型加工における段取りの重要性を改めて考えます。段取り作業の効率化に寄与する最新ツールや活用法、現場の効率アップを目指す金型メーカーの事例も取り上げます。

詳細は、日刊工業新聞社の書籍・雑誌のオンラインショップ(Nikkan Book Store)をご覧ください。
『型技術』2021年3月号
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0005

Twitter Facebook

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる