日刊工業新聞社 トピックス

  • トップ
  • 日刊工業新聞社 トピックス詳細
お知らせ

新たな時代の生産革命 ーつなぐ人、つながるカイゼンとIT

『工場管理 2021年3月号』【特集1】これからの在庫最適化を考える 【特集2】震災10年 東北復興を支える「カイゼン」の輪(毎月20日発売)

(2021.02.20)

『工場管理 2021年3月号』【特集1】これからの在庫最適化を考える 【特集2】震災10年 東北復興を支える「カイゼン」の輪(毎月20日発売)

お求めは、全国書店、日刊工業新聞社の書籍・雑誌の
オンラインショップ(Nikkan Book Store)
などから。

定価 1,540円(税込)

日刊工業新聞社が2月20日に発売する「工場管理 2021年3月号」は、「【1】これからの在庫最適化を考える 【2】震災10年 東北復興を支える「カイゼン」の輪」を特集。

 特集1では、昨今のコロナ禍やIoT・AI技術の進歩などに伴って、今改めて考えるべき「在庫」のあり方について解説する。社会状況が大きく変化する中、欠品のリスクを回避しつつ過剰在庫を抱えない体制を築き、売上・利益向上につなげる「これからの在庫最適化」の考え方や具体的な方策を取り上げる。
 特集2では、東日本大震災ののちトヨタ自動車東日本が継続してきた被災地企業との「カイゼン」共有の取組み「異業種相互研鑽活動」と、その活動を通じて業種の枠を超えて広がる改善活動の動向を解説。トヨタ自動車東日本と二人三脚で改善活動を実践してきた企業事例も紹介する。

詳細は、日刊工業新聞社の書籍・雑誌のオンラインショップ(Nikkan Book Store)をご覧ください。
『工場管理』2021年2021年3月号
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

Twitter Facebook

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる