日刊工業新聞社 トピックス

  • トップ
  • 日刊工業新聞社 トピックス詳細
お知らせ

設計者のスキルアップとキャリア形成を支援する実務雑誌

『機械設計2月号』これだけは押さえておきたい流体工学の基礎と最近の流体機械設計(毎月10日発売 )

(2019.01.10)

『機械設計2月号』これだけは押さえておきたい流体工学の基礎と最近の流体機械設計(毎月10日発売 )

お求めは、全国書店、日刊工業新聞社の書籍・雑誌の
オンラインショップ(Nikkan Book Store)
などから。

定価 1,420円(税込)

 日刊工業新聞社が1月10日に発売する「機械設計2月号」は、「これだけは押さえておきたい流体工学の基礎と最近の流体機械設計」を特集。
流体に関して理解を深めることは機械設計の様々な局面で有効だが、苦手意識を持っている設計者は少なくない。そのため、検討が疎かになり、機械の稼動後の不具合につながることも少なくないという。
 本特集では、流体に関して、意外に知られていない盲点を指摘し対策を示すとともに、流体について最低限知っておきたい基礎的な事項をわかりやすく解説する。例えば、静圧と動圧の使い分けのポイントや流体振動の問題、圧力損失の盲点などを具体的に取り上げる。
 また、最近の研究動向として、人工知能を活用した流体機械の設計例やイオン風(EHD)を利用した集塵機の集塵効率向上策を紹介する。

詳細は、日刊工業新聞社の書籍・雑誌のオンラインショップ(Nikkan Book Store)をご覧ください。
『機械設計』2019年2月号
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0001

今ならお好きな本を一冊プレゼント!
☆誌面リニューアル記念キャンペーン実施中☆
→詳細はこちら

Twitter Facebook

日刊工業新聞社関連サイト・サービス