日刊工業新聞社 トピックス

  • トップ
  • 日刊工業新聞社 トピックス詳細
お知らせ

設計者のスキルアップとキャリア形成を支援する実務雑誌

『機械設計3月号』カム機構活用の新たな展開(毎月10日発売 )

(2019.02.10)

『機械設計3月号』カム機構活用の新たな展開(毎月10日発売 )

お求めは、全国書店、日刊工業新聞社の書籍・雑誌の
オンラインショップ(Nikkan Book Store)
などから。

定価 1,420円(税込)

 日刊工業新聞社が2月10日に発売する「機械設計3月号」は、「カム機構活用の新たな展開」を特集。
カム機構は高精度なモーションコントロールを実現する技術として大きな役割を果たしてきた。しかし、近年、その役割をサーボモータに代替されるケースが増えてきた。
 ところが最近、カム機構の特性が見直され、新たな用途が広がっている。 今後は人工知能(AI)や線さなどとの組合せにより新たな活用例が増えていくことが期待されている。
 本特集では、最近のカム機構の特性を活かした適用例などを取り上げ、設計に適用する際のポイントなどを具体的に紹介し、カム機構の新たな可能性を探る。併せてタイミング線図やカム曲線の設計方法や立体カムの3次元モデリングの手法など、設計実務に不可欠な事項についても解説する。

詳細は、日刊工業新聞社の書籍・雑誌のオンラインショップ(Nikkan Book Store)をご覧ください。
『機械設計』2019年3月号
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0001

今ならお好きな本を一冊プレゼント!
☆誌面リニューアル記念キャンペーン実施中☆
→詳細はこちら

Twitter Facebook

日刊工業新聞社関連サイト・サービス