セミナー

【要領・ルール等を強化】ではトラブル・負の連鎖は止まらない!
【人を動かす!人間重視の】
ヒューマンエラー防止法
-簡単に実践できる「リスク&品質マインドの醸成と改善活動」-

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 ヒューマンエラーによるトラブルが発生すると、要領・ルール等を強化して反省を迫り、言われたことしかやらない「考えない集団」を生み出し、見事に「負の連鎖」を繰り返してしまいます。
 この「負の連鎖」を断ち切るためには、人間活動の根源となる人的側面に光を当て改善の知恵が日常化する組織風土を形成しなければなりません。そのためには人間が保有している「良くした」との「人間力」に働きかけ「わくわく」感を伴った成果を生み出す「人間重視の仕組」が必要になります。
 本セミナーでは、人間の内発的な要因、「意欲」や「やりがい」の基である「人間力」を品質改善プロセスの基盤として採り上げ、「簡単に実践できて効果が絶大」な今まで体験したことのなかった「実践型の改善の仕組」を提供いたします。
 残念なことに、ヒューマンエラーは人間が関与するあらゆる分野に存在します。そこで、ヒューマンエラー防止の各種方法論を実践してきた訳ですが、やがて限界に直面し、行き着く先は人間の「モチベーション」にたどり着きます。「ヒューマンエラーは人間が引き起こす」のであるから、「ヒューマンエラーは人間が防げるでは?」との考え方に、必然的にたどり着くのです。
本セミナーは演習主体の実践型セミナーとしてデザインしており、「簡単に実践できる仕組」を提供いたします。「難しい仕組」は構築しても実践が難しく、「簡単に出来る仕組」は直ぐに実践が可能になります。ご受講いただい後、「気に入った内容」を即、職場で実践いただけます。
 講師はSI分野のプロセス改善で、日本初のCMM®レベル5を達成した経験者で、IT系システム開発&運用分野を専門としますが、過去、IT系以外の機械・制御・製造系、化学・薬品・医療系、プラント・設備運用系、航空・交通・輸送系、電力・資源・エネルギー系、企画・教育・事務系等多分野の多くの方々にセミナーや企業研修を提供させていただき、高評価を賜っております。 
* CMM:世界的に著名なプロセス改善モデル(能力成熟度モデル)(Capability Maturity Model and CMM are registered in the U.S.Patent and Trademark Office).

-------------------------------------------------------------------
【本セミナーの特徴】
1.人間が保有している「人間力」の醸成と発揮を促す方法論をバックボーンにしています。
2.人間は命令しても本心から動こうとしません。人を動かす人間重視の仕組を採り上げます。
3.ヒューマンエラーを防止する基盤となる心理学的な人間関係向上法を登場させています。
4.身近なケーススタディで「リスクマインド」と「品質マインド」の醸成方法を体験いただきます。
5.受講対象者:開発・設計・製造&研究・企画部門、品質保証・保全部門、運用・運転部門、事務部門、人材育成・教育部門等のスタッフ&マネジャー、経営層、改善活動推進者等。
6.受講後の修得知識:ヒューマンエラー防止のための「仕組み考案のコツ」、「リスクマインド醸成法」、「品質マインド醸成法」、「リスク管理実践法」、「品質改善実践法」等。
-------------------------------------------------------------------

概要

日時

2017年 10月 27日(金)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)

会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
受講料

43,200円(資料、消費税込)
※同一会場にて1社複数人数で参加の場合、2人目より10%割引いたします(38,880円)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込にて開催の前日までに必ずお支払いください。尚、お支払い済みの受講料はご返金できかねますので、ご了承ください。

主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

関 弘充 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

第1章 ヒューマンエラーと人間重視
1.1 会社人生の選択とヒューマンエラー防止
1.2 ヒューマンエラー防止と本セミナーの主張
第2章 失敗を繰り返さないための「人間力の醸成」
2.1 品質改善と人間重視 
2.2 「わくわく」感と人間力醸成の構図
第3章 ヒューマンエラー防止のための「動機付け」ケーススタディ
3.1 ヒューマンエラーと人間関係
   1.演習1「トラブルと人間関係」
   2.「心理学的な知恵」と人間関係の向上
3.2 人を動機付けする(動かす)コツ
3.3 演習2:「動機付けする」ケーススタディ
3.4 失敗した際の部下の指導法
   1.演習3:「コーチング」診断
   2.メンタリングとコーチング(注)
   3.改善活動への動機付け(人を動かす再発防止策①)
第4章 エラー防止のための「リスクマインド醸成」ケーススタディ
4.1 「失敗の構図」と「品質問題の発生」
   1.失敗の構図と負の連鎖
   2.演習4:「品質問題の悩み」
4.2 簡単にできる「問題発生防止」ケーススタディ
   1.「問題管理」と「リスク管理」の相違
   2.演習5:「ヒューマンエラーとリスクマインド」
4.3 「リスク管理の仕組」事例
   1.人を動かす「リスク管理」の仕組事例
   2.リスク管理ミーティングの例
   3.リスクマインドの醸成(人を動かす再発防止策②)
第5章 エラー防止のための「品質マインド醸成」ワークショップ
5.1 「ミスを誘発させない」ための「品質マインドの醸成」
   1.「ミスを誘発させない」ための動機付け
   2.演習6:「ヒューマンエラー防止と改善の知恵」
5.2 「わくわく」感を生み出す「全員参加型改善活動」
   1.人を動かす「全員参加型改善活動」の事例
   2.品質マインドの醸成(人を動かす再発防止策③)
第6章 失敗を繰り返さないための「具体的な導入方法」
6.1 「動機付け」の勘所
6.2 「気持ちへの動機付け」と勘所
6.3 「行動への動機付け」:実践計画の策定と開始
6.4 「持続への動機付け」:エールを送る
第7章 まとめ
[演習付きセミナー]( 注)メンタリングとコーチング:心理学的なコミュニケーション技法
ヒューマンエラー

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス