顕彰事業

読者が選ぶネーミング大賞

ネーミング

2015年度・第26回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」

大賞に「かがやき」が決定

 日刊工業新聞社は表彰制度「第26回読者が選ぶネーミング大賞」の大賞にJR西日本/JR東日本の北陸新幹線「かがやき」を選ぶなど優れた名前を持つ16の商品とサービスを決めた。大賞に次ぐ日刊工業新聞創刊100周年記念賞にトヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が選ばれた。また生活部門1位はヤマト運輸の小さな荷物をポストに届けるサービス「ネコポス」、ビジネス部門1位はキャニコム(福岡県うきは市)の4輪駆動乗用草刈り機「家族(うち)のまさお」だった。明るい将来を感じさせる、わかりやすいネーミングに多くの票が集まった。
 かがやきは3899票を獲得。「今の時代の人々に希望や夢を持たせてくれるような気がする」(40代女性)、「新幹線が光の速さだと連想させる。また地方活性の希望の光を思い起こさせる」(20代女性)といった明るさや未来を連想させ、北陸に輝きを与えたと評価する声が多かった。
MIRAIは「クルマ作りの未来にかける思いがストレートに表現されている」(40代男性)、「未来の子どもたちのことも考え、環境に配慮されたすてきなネーミングだと思った」(30代女性)など未来をイメージさせるという評価だった。
 ネコポスは「キャッチーで実用的」(20代女性)、「どこの何の名前かが、直感的にすぐわかる」(30代男性)と、とにかくイメージ通りでわかりやすい、かわいいといった声が多かった。
 家族(うち)のまさおは「例年、この会社の発想は遊び心にあふれてユーモアがある」(50代男性)「来春、定年退職で家業の農業を手伝おうと思っている。草刈りが楽しくなりそうな機械」(60代男性)とユーモアや愛着の声が多かった。
 発想力豊かでキラリと光る名称の「アイデアネーミング賞」、名称の定着などを評定する「ブランドネーミング賞」、名称がユニークあるいは創意工夫されている「ユーモアネーミング賞」の各部門は8名称を選定した。

第26回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」受賞一覧 

ネーミング 企業・団体名
大賞 かがやき JR西日本、JR東日本 北陸新幹線
100周年賞 MIRAI(ミライ) トヨタ自動車 燃料電池車
生活部門 1位 ネコポス ヤマト運輸
2位 流レ-ルシンク クリナップ
3位 猫まわれ右 びっくりスプレー フマキラー
ビジネス部門 1位 家族(うち)のまさお キャニコム
2位 もうたんか 帝人フロンティア
3位 吸収男児(きゅうしゅうだんじ) 谷沢製作所
アイデアネーミング賞 ラクセット 文化シヤッター
Conandesse(こなんでっせ) 中山水熱工業
潤霧(うるむ) いけうち
ブランドネーミング賞 glanova(グラノヴァ) 日本板硝子
金芽ロウカット玄米 東洋ライス
SAMURA-IN(サムラ・印) 中村製作所
ユーモアネーミング賞 らくらく快足 鎌田スプリング
コ・ベンチ 岩田鉄工所

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる