顕彰事業

日本産業技術大賞 過去の受賞 第21回~第30回

技術内閣総理大臣賞

第21回(1992年)

内閣総理大臣賞 「新世代新幹線車両システムの開発」

東海旅客鉄道、東日本旅客鉄道、鉄道総合技術研究所、川崎重工業、日本車輌製造、東急車輌製造、日立製作所、東芝、三菱電機、富士電機、東洋電機製造、住友金属工業

第22回(1993年)

内閣総理大臣賞 「高脂血症治療薬プラバスタチンの開発と醗酵生産システム」

三共

第23回(1994年)

内閣総理大臣賞 「SPB方式LNG船の開発と実用化」

石川島播磨重工業

第24回(1995年)

内閣総理大臣賞 「新規残油分解プロセス技術の開発と実用化」

コスモ石油、コスモ総合研究所、重質油対策技術研究組合

第25回(1996年)

内閣総理大臣賞 「パーソナルハンディホンシステムの開発と実用化」

日本電信電話、NTT中央パーソナル通信網、DDI東京ポケット電話、アステル東京

審査委員会特別賞 「放射線医学総合研究所向け重粒子線がん治療装置」

三菱電機、住友重機械工業、東芝、日立製作所、科学技術庁放射線医学総合研究所

第26回(1997年)

内閣総理大臣賞 「フルタイムFDIリジェネレイティブバーナシステムの開発と実用化」

東京ガス

第27回(1998年)

内閣総理大臣賞 「サーボモータの高度ロボット化自動生産システムの開発」

ファナック、富士電機

第28回(1999年)

内閣総理大臣賞 「改良型沸騰水型原子力発電所初号機の完成」

東京電力、日立製作所、東芝、GE Nuclear Energy

第29回(2000年)

内閣総理大臣賞 「高効率大容量ガスタービンを使用した複合発電設備の開発実用化」

東北電力、三菱重工業、三菱電機

審査委員会特別賞 「大型光学赤外線望遠鏡(すばる望遠鏡)を実現した主要革新技術」

三菱電機

第30回(2001年)

内閣総理大臣賞 「天然液化ガスの精密蒸留による13Cの分離技術とピロリ菌診断薬の開発・実用化」

東京ガス、大塚製薬

文部科学大臣賞 「紀伊水道直流連系用交直変換設備の完成」

関西電力、四国電力、電源開発、日立製作所、東芝、三菱電機、日新電機

審査委員会特別賞 「超音速航空機用コンバインド・サイクル・エンジンの研究開発」

超音速輸送機用推進システム技術研究組合、石川島播磨重工業、川崎重工業、三菱重工業、独立行政法人航空宇宙技術研究所、独立行政法人産業技術総合研究所

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる