顕彰事業

(2015年)
第33回 優秀経営者顕彰 受賞者紹介

中堅・中小企業経営者技術

地域社会貢献者賞

氏家 裕一氏
北日本工業株式会社 代表取締役社長

【 受賞理由 】
電力会社向け配電設備用資材製造・販売の傍ら、仙台卸商センター理事長として、低照度の街路灯をLED照明に切り替え、防犯カメラやWiFi環境の構築、ベンチャー起業の誘致など団地活性化を向上させた。また、復興住宅事業を通じて被災者支援に取り組んでいる。
【 喜びの言葉 】
身に余る光栄です。これまでセンターとして、開かれた『まちづくり』に取り組んで参りました。これからも一歩一歩進んで参ります。
【 会社概要 】
仙台市若林区、022-232-5691
地域社会貢献者賞

木村 隆夫氏
木村情報技術株式会社 代表取締役

【 受賞理由 】
ウェブ講演会の運営・配信サービスにより医療の質が課題となっている地方の医師への新薬情報の円滑な提供に資するなど地域医療業界の課題解決へ貢献した。また、佐賀県などとタブレット端末を利用した地域の安全性向上に繋がる事業活動を行っている。
【 喜びの言葉 】
起業して10年の節目に栄えある賞をいただき大変光栄です。今後も日本の医療のためシステムを構築して参ります。
【 会社概要 】
佐賀市卸本町、0952-31-3901
地域社会貢献者賞

河野 通亜氏
武生特殊鋼材株式会社 代表取締役会長

【 受賞理由 】
異種金属を特殊技術により接合した複合鋼材であるクラッドメタルの製造で国内シェア60%を誇る。福井を代表する伝統産業である越前打刃物の発展を目的に「越前ブランドプロダクツコンソーシアム」を立ち上げ、製造した和包丁「iizA」が世界で評価され打刃物振興に大きく寄与。
【 喜びの言葉 】
経営の根本理念を評価され、このような栄えある賞を頂きましたこと、至福の限りにありがたく感謝御礼申し上げます。
【 会社概要 】
福井県越前市、0778-24-3666
地域社会貢献者賞

竹内 三男氏
竹内精工株式会社 代表取締役社長

【 受賞理由 】
創業から一貫して顧客第一主義を掲げ、国内パイオニアとして独創的なリニアシステム製品を開発。業界上位のシェアを誇る他、国内外企業の自動化・省力化に貢献してきた。また、若い技術者の育成に注力し地元いわき地区の経済発展に寄与している。
【 喜びの言葉 】
大変光栄です。受賞を機に技術力に磨きを掛け、ニーズに応える製品開発にまい進して参ります。
【 会社概要 】
福島県いわき市、0246-56-5281
地域社会貢献者賞

林 英夫氏
武州工業株式会社 代表取締役

【 受賞理由 】
海外に生産拠点を移す企業が多い中、国内生産にこだわり、企業努力によって地域雇用の大きな受け皿になっている。地域に貢献するため、環境に配慮した新工場を建設し雇用を増大。青梅市企業誘致条例1号認証を受ける。
【 喜びの言葉 】
「真のグローバル化は地域を生かすこと」との信念をもって、今後も全員参加型の経営を進めます。
【 会社概要 】
東京都青梅市、0428-31-0167
地域社会貢献者賞

長澤 重俊氏
株式会社 はくばく 代表取締役社長

【 受賞理由 】
自社開発した切断機により食べやすくした麦製品を、健康効果を啓蒙し消費を拡大、地域雇用の創出に貢献。また、地元Jリーグチームのスポンサーとして支援し地域経済の発展に貢献している。
【 喜びの言葉 】
賞をいただき光栄です。今後も地域との共生を目指し、地域活性化に貢献できるよう、一層経営にまい進して参ります。
【 会社概要 】
山梨県南巨摩郡、0556-22-8989
震災復興支援賞

阿部 功氏
丸伊石材工業株式会社 代表取締役社長

【 受賞理由 】
東日本大震災の3日後に石材供給を再開。震災で破損した地元石巻市の港湾・道路・河川などの社会インフラや、地場産業である水産加工業の複旧・復興に大きく貢献した。
【 喜びの言葉 】
「何とかしなければ」。当時の思いは一つ。受賞は従業員、協力会社の力によるものです。
【 会社概要 】
宮城県石巻市、0225-62-2708
震災復興支援賞

深松 努氏
株式会社 深松組 代表取締役社長

【 受賞理由 】
東日本大震災直後、津波警報が解除されない時から道路の復旧作業を開始し、自衛隊の復旧・救助活動をサポート。またがれき撤去で仙台市に窓口の一本化を要請し早期の作業開始に道筋をつけたことが評価された。
【 喜びの言葉 】
感謝報恩。震災を経験した建設業者として、後世のために伝えられること、やるべきことを精いっぱいやって参ります。
【 会社概要 】
仙台市青葉区、022-271-9211
震災復興支援賞

米倉 工雄氏
株式会社 藤田鉄工所 代表取締役社長

【 受賞理由 】
東日本大震災の津波で被災したが、早期に生産を再開。同社が製造する水産加工の省力化機械を三陸各地の水産現場に導入し、地域経済の復旧ならびに復興に貢献した。
【 喜びの言葉 】
震災後もご支援を頂いている取引先、仕入れ先、従業員、すべての関係者のおかげです。
【 会社概要 】
宮城県気仙沼市、0226-22-4800
日刊工業新聞社賞

牛島 満子氏
株式会社タカギ建設鋼業 代表取締役

【 受賞理由 】
亡き夫の後を継ぎ、低迷していた業績を立て直し九州でも屈指の実力を持つ企業へ成長させた。また、県を代表する女性経営者として、県振興財団等による講演会や雑誌インタビューなど女性活躍の場の拡大にも信念を持って精力的に活動している。
【 喜びの言葉 】
賞をいただき私でよいのか驚いています。営業で相手をどう喜ばせるか常に考えた行動が評価されたと思います。
【 会社概要 】
長崎県大村市、0957-55-8777
日刊工業新聞社賞

小河原 敏嗣氏
明大株式会社 代表取締役

【 受賞理由 】
独自技術による世界初の4軸織機量産化を実現し、特殊織物メーカーの発展に尽力。最近では災害リスクの高まりや既存インフラの老朽化に伴い、建築用耐震補強ベルトを開発するなど事業開拓にも意欲的。
【 喜びの言葉 】
社員とこつこつ続けてきたことを評価いただき感謝しています。今後もモノづくりを通じ社会に貢献していきます。
【 会社概要 】
岡山県倉敷市、086-485-1355
日刊工業新聞社賞

川崎 恭子氏
株式会社 伊藤金属製作所 代表取締役

【 受賞理由 】
金属・樹脂部品で独自ノウハウを生かした技術を顧客へ提案。専属的下請けから脱却し販売先拡大を実現し自己資本比率を向上させ、安定した財務基盤を構築した。また、大手取引先と共同出資で中国現地法人を設立するなど、海外展開も積極的。
【 喜びの言葉 】
創業80周年に大変光栄です。今後も技術力と人間力でお客様のニーズにお応えできるよう精進してまいります。
【 会社概要 】
大阪市東住吉区、06-6628-2421
日刊工業新聞社賞

小林 和宏氏
株式会社 エツミ光学 代表取締役社長

【 受賞理由 】
真空蒸着による表面処理を手がけ、投資や研究開発に積極的。同業他社と独自技術を持ち寄り携帯電話の液晶画面や、カーオーディオ・カーナビの液晶表示部への加工製品を完成させている。
【 喜びの言葉 】
素晴らしい賞をありがとうございます。今後もお客さまの要望に応えうる物を各社と協力して作っていきます。
【 会社概要 】
福井県鯖江市、0778-51-2335
日刊工業新聞社賞

佐々田 和男氏
株式会社 稲本製作所 代表取締役社長

【 受賞理由 】
業務用洗濯機メーカーとして生産性向上や省資源・省エネルギー高効率生産という市場ニーズに応えた製品を就任以来精力的に発表。また、現場のリスクアセスメント対策などに製品開発で貢献した。
【 喜びの言葉 】
賞を頂き大変光栄です。お客さまのニーズを真摯(しんし)に受け止め、現場でお役に立つ製品を創造し続けて参ります。
【 会社概要 】
石川県白山市、076-277-2211
日刊工業新聞社賞

野田 泰義氏
KTX株式会社 取締役会長

【 受賞理由 】
転写性に優れたポーラス電鋳や高速加熱冷却が可能なMPM工法を開発。樹脂部品生産の省エネルギー化に貢献した。また、グッドカンパニー大賞を受賞するなど世界的電鋳メーカーとして高い評価を受けている。
【 喜びの言葉 】
自動車だけでなく航空機部品や建築資材用途の販路を拡大し技術の認知度向上を目指します。
【 会社概要 】
愛知県江南市、0587-54-5131
日刊工業新聞社賞

早川 雅則氏
早川ゴム株式会社 代表取締役社長

【 受賞理由 】
5代目社長として「人々の役に立つ」精神を継承。液晶テレビの画像制度向上の為開発された国内約3割のトップシェアを誇る「ハヤビーズ」など、研究開発型企業を目指し年1000件の社内提案が出る企業へと社内改革を実現。
【 喜びの言葉 】
私一人ではなく、会社が受賞したものと思っています。創業100年に向け、新しいことに挑戦し続けます。
【 会社概要 】
広島県福山市、084-954-7801
日刊工業新聞社賞

福盛 訓之氏
新教育総合研究会株式会社 代表取締役

【 受賞理由 】
関西を中心に個別指導塾を運営。「教育格差の是正」を掲げ、低価格な授業料で高品質の学習カリキュラムを展開。また、業界に先駆け成績が向上しなければ授業料を免除する「成績保証制度」の導入や、ノウハウを同業他社に指導し業界の健全な発展に寄与している。
【 喜びの言葉 】
賞をいただき大変うれしく思っております。歴史ある顕彰に恥じないように、これからも日々精進していきます。
【 会社概要 】
大阪市北区、06-6352-3910
日刊工業新聞社賞

細貝 信和氏
株式会社 サンシン 代表取締役社長

【 受賞理由 】
テープ式研磨装置の専業メーカーとして高い収益力を実現し、県外から受注した仕事を地域の産業界に還元する為、外注も活用しスピーディーな生産活動を維持している。利益は従業員に還元、地域で最も給与水準の高い企業を目指す。
【 喜びの言葉 】
このたびの賞は顧客の皆さまのご指導と従業員一同の努力に対しての賞と考えます。工法の向上のための挑戦を続けて参ります。
【 会社概要 】
新潟県長岡市、0258-22-1529

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる