セミナー

【受付終了】本セミナーは受付を終了いたしました。
「トラブル潰しはもう完璧!だったはずなのに…」を解決

未然防止と再発防止に役立つ
FMEAとFTA

開催主旨

 ・品質についてお客様からFMEAとFTAを活用した説明を求められた。
 ・問題が発生する前に潜在的な不具合を抽出し、予防することを検討できるようにしたい。
 ・発生した問題の真因をつかみ対策を打ちたい。
 ・ヒューマンエラーをなくしたい。


 製品の信頼性確保と不良の未然防止による利益率確保に向けた取り組みは、生産性向上・ブランド価値向上の王道中の王道といえます。ものづくりに携わる企業でトラブル防止対策に取り組まない企業は皆無と断言しても良いでしょう。にもかかわらず毎日のように、品質不良による商品回収、リコールといった報道が後を絶ちません。品質を司る部門だけではなく、ひとつの製品を作り上げるまでにかかわるすべての部門のスタッフが認識を共有して取り組む必要があります。
 本セミナーでは、「開発・設計から製造・出荷に至る各段階で問題を明確化し未然に問題を解決する考え方」「発生した問題は徹底的に真因を掴み、再発防止と未然防止につなげる考え方」および「FMEAとFTAについて演習を通じ、具体的に実務に役立てる実施手順」について1日かけて習得していただきます。経験豊富な講師が丁寧に説明します。

概要

日時 2019年 3月 26日(火) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 43,200円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から38,880円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 業務局
イベント事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp

講師

田部 信雄 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

プログラム

 1. 信頼性とは
 (1)信頼性の意義と役割
 (2)信頼性手法の概要
 (3)信頼性の概念
 2. FMEAの基本的な考え方と解析手順及びその事例
 (1)FMEAとは
 (2)FMEAの実施手順
 (3)故障モードと故障メカニズムの意味
 (4)設計のFMEA
 (5)工程のFMEA
 (6)変更のFMEA
 (7)その他のFMEA(ヒューマンエラー防止のためのFMEAなど)
 (8)FMEA実施上の留意点と効果
 (9)FMEA【演習】
 3. FTAの基本的な考え方と解析手順及びその事例
 (1)FTAとは
 (2)FT図の書き方
 (3)FTAの実施手順
 (4)FTAの活用事例
 (5)FTAとFMEAの一体活用
 (6)FTA【演習】

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス