セミナー

“気合い”と“根性”の貴社の品質改善活動が変わります!
品質不良コストを合理的・戦略的に低減する「仕組み構築」手法
-品質不良コストを低減する「3ステップ式」の実践手法:演習で「戦略的分析法」と「30%低減法」が速習できます。

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 貴社の品質管理活動は、停滞していませんか? 気合いや根性に依存していませんか?
 本講座では、こうした悩みに応えるべく、講師が様々な業種のメーカーを支援して成功してきた“合理的”かつ“戦略的”な品質不良コスト低減法について、「低減しない本質的な原因解明」から「確実に低減する実践手法」までのノウハウを成功事例も交えて公開します。具体的には、戦略的に低減するための問題構造分析法、問題構造に基づいた合理的な低減策、それらを組み合わせた「30%」「50%」「80%」の3ステップ式による低減法などを伝授します。さらに、成功ノウハウが速習できる2つの演習時間を設け、演習Ⅰで「問題構造分析法」、演習Ⅱで「30%低減法」の特別演習も実施します。
 本講座は、幾多の品質問題の修羅場の解決を支援してきた講師が、「経営者が認識すべき品質改善活動の全体マネジメント」と「管理者が実践すべき具体的な低減法」を本音で語ります。特に、経営者ならびに品質管理部門や実務部門の管理職クラスに役立つ内容となっており、これらの方の参加を広くお奨めします。

概要

日時 2019年 11月 8日(金) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

小林 弘茂 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 大阪支社
セミナールーム
大阪市中央区北浜東2-16
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

[1]なぜ、品質不良コストの低減が進まないのか?
1-1 他社失敗例から確認する品質問題の経営リスク
1-2 品質不良コストが貴社の経営に及ぼしている悪影響
1-3 低減しない4つの原因
 〇品質不良コストの発生メカニズムが理解できていない
 〇品質問題発生後にモグラ叩き式の改善活動を行っている
 〇低減戦略がないために改善活動の労力が拡散している
 〇根拠の乏しい低減目標値が現場をシラケさせている
[2]低減するための3つの改良ポイント
2-1 「改善視点」を改良する
2-2 「進め方」を改良する
2-3 「顧客対応」を改良する
[3]品質不良コストの3ステップ低減法
3-1 3ステップ低減法の全体像
 3-1-1 品質不良の低減システム
  :あなたの会社の品質改善活動を“戦略的”にする
 〇「技術不足要因の品質不良」よりも「業務不良要因の品質不良」を低減する
 〇「新規発生の品質不良」よりも「過去再発の品質不良」と「管理不足の品質不良」から低減していく
 3-1-2 品質不良コストの分析手法
  :あなたの会社の品質改善活動を“合理的”にする
 〇 品質不良の問題構造を「見える化」できる
 〇「実現可能な目標値」を予測できる
3-2 3ステップ式の低減プロセス
 3-2-1 第1ステップ
  :30%低減法(1つの「管理法」で短期間に低減する)
 3-2-2 第2ステップ
  :50%低減法(「管理法+業務改善策」で確実に半減化する)
 3-2-3 第3ステップ
  :80%低減法(「追加策+継続の仕組み」で逓減していく)
[4]事例紹介
4-1 A社(機械メーカー)
 :半年間の活動で30%低減
4-2 B社(電子機器メーカー)
 :中期経営計画の活動で85%低減
4-3 C社(精密部品メーカー)
 :品質問題発生後の顧客クレーム炎上からの取引回復
[5]演習(1):問題構造分析法
5-1 他社の品質保証部門のマネジメント失敗例から学ぶ
5-2 例題演習
 :合理的かつ戦略的な「問題構造分析法」を習得する
[6]演習(2):30% 低減法
6-1 例題演習
 :例題演習を通じて「30%低減法」を習得する
6-2 実践演習
 :あなたの会社の品質問題で「30%低減法」を実践習得する
[7]質疑応答&個別相談

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる