セミナー

トヨタ生産方式を例に学ぶ
海外・外国人指導の仕方と成功するコミュニケーション
̶海外工場、外国人従業員への業務指導は、何に気をつけて、どのような順序で行えば良いか

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 私たち製造企業のノウハウは、海外工場・外国人従業員へ「わかりやすく伝える」必要があります。改善が必要な理由、改善活動の順序は、すべての従業員にわかりやすく説明し、納得してもらわなくてはなりません。改善の知識と経験はもちろん大切ですが、指導のノウハウは、無くてはならない重要なスキルです。
 本セミナーでは、「ノウハウの伝え方を知りたい」「指導の仕方を学びたい」という熱いご要望にお応えして、国内・海外で業務改善をされる方々、指導される方々を対象とした講義と演習をおこないます。
 プログラムの前半は、トヨタ生産方式の基本的なコンセプトを参考にした内容で、自社内でそのまま使える内容です。後半は、すべての業種に共通して取り入れることのできる「国際コミュニケーションの基本」と「すばやい語学習得の方法」をカバーします。
 「トヨタ生産方式とその英語」「ものづくりの英語」「英文ビジネスレター・Eメールの書き方」のエキスパートとしても知られる講師による、わかりやすい解説です。
 当日は、講師の著書『イラストで覚える生産現場の英語 現地スタッフに伝えたいノウハウとルール』(ジャパンタイムズ刊)からも、どんなものを聞き、どんなフレーズを学ぶのが効果的かについて説明を行います。

受講対象者
下記の業務にたずさわる方、下記の業務で英語が必要になる方
・海外での生産業務にたずさわる方、海外生産拠点への赴任者、出張者
・国内で海外生産業務のサポート業務をされる方
・国内の工場に海外からの人材を受け入れる方
・組織内で英語学習を担当・推進する方

キーワード
5S、ジャストインタイム、生産平準化、自働化、ムダとり、OJT、チームワーク、など。

概要

日時 2019年 11月 14日(木)10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込みについて ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

松崎 久純 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1.製造企業のノウハウを伝えるには
 基本的なコンセプト(企業ポリシー・生産活動方針)の伝え方―伝える順序/なぜ改善が必要なのか/
 納期遵守について/在庫について/不良について
 2.伝えたい生産手法や考え方のポイント
 コスト削減/7つのムダ/5つのなぜ/動きと働き/5S/ジャストインタイム/生産平準化/自働化、OJTなど
 3.現地でのマネジメント/チームワーク
 普段の会話で口にすべきこと、すべきでないこと/
 ライカビリティ(好感度の高い従業員、管理者になるには)
 4.生産ノウハウを伝え、チームワークを高める英語を身に付けるには
 覚えると効果的なフレーズや用語/ビジネスパーソンらしい表現/上手な教材の用い方/
 組織全体の英語力について/計画的に取り組むために

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる