セミナー

「なぜなぜ分析」はもういらない! 要因は71、対策は55、ツールは10
「不良ゼロ」への具体的なアプローチ
今まで悩まされていた「慢性不良」を短期間で確実に「ゼロ」にできる新手法

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

従来の手法に限界を感じている方、不良はゼロにならないとあきらめている方、「なぜなぜ分析」がうまくいかないと悩んでいる方、改善活動が継続できないと悩んでいる方にお勧めのセミナーです

 不良がゼロにならないのは、原因と対策がわからないからです。本セミナーでは、。本セミナーでは、不良の要因を71、対策を55と定義しています。それにより、「なぜなぜ分析」は不要になります。
 また、不良の発生要素である異物、設備、作業に対し、「現物分析→データ分析→工程限定→原因限定→メカニズムの解明→根本対策→継続のための効率化→要素管理」という一連の解決手順をパッケージ化した10のツールを紹介します。
 10のツールにより、不良改善が確実かつスピーディーにでき、原因のわからない不良もゼロにすることができ、各ステップをたどることにより、論理的思考も身に付きます。
 更に、改善活動が継続できない、現場のモラルとスキルが低いと悩んでいる方のためにモラルアップ8つの施策、尊敬される上司の7原則を紹介します。 
 本アプローチは、講師の27年間のコンサルティングの経験則によって生み出されたものであり、現在も実際のコンサルティングで使い、磨き続けているものです。
 本セミナーを受け、不良ゼロの醍醐味をぜひ味わって下さい。

講師著書 ポカミス「ゼロ」徹底対策ガイド(日刊工業新聞社刊)進呈!

概要

日時 2019年 11月 12日(火)10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料

44,000円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社
お申込みについて ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

中崎 勝 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1. 不良ゼロの9原則
  ・原則‐1:不良は結果
  ・原則‐2:不良の要因は71:最強の魚の骨
  ・原則‐3:不良の対策は55  
  ・原則‐4:改善ツールは10
  ・原則‐5:要素別改善:原因不明の不良対策
  ・原則‐6:3つのデータ分析
  ・原則‐7:発生工程を見つける
  ・原則‐8:現物・現場:要因から原因を限定
  ・原則‐9:現象の連鎖:難解のメカニズム
      だから、「なぜなぜ分析」はもういらない
  ・10のツールを使った不良ゼロへのアプローチ
 2. 異物ゼロへのアプローチ
  ・異物は感性
  ・異物不良発生のメカニズム
  ・ステップ-1:異物の正体
  ・ステップ-2:工程限定
  ・ステップ-3:伝達経路対策
  ・ステップ-4:徹底清掃
  ・ステップ-5:発生源対策
  ・ステップ-6:清掃改善
  ・ステップ-7:異物管理
 3. ポカミスへのアプローチ
  ・ポカミスの特徴となくならない理由
  ・20の要因と発生メカニズム
  ・20の対策と6つの考え方
  ・NG/OKシートでポカミスの80%はなくなる
  ・ポカミス教育で教える現場の鉄則
  ・ない標準を作る、ある整備を整備する
  ・これからの時代に必要な教育・訓練のしくみ
  ・作業者思いのうっかり対策
  ・整理・整頓によるうっかり対策
  ・検査ミス、入力ミス、判断ミスへのAIの活用
  ・理想の職場の実現
 4. キズゼロへのアプローチ
  ・キズは結果
  ・個別対策と総合対策
 5. モラルアップへのアプローチ
  ・モラルとは、モラルの実態
  ・モラルアップへのアプローチ
  ・尊敬される上司になる
    ①尊敬される上司の7原則
    ②嫌われる上司
  ・モラルアップ8つの施策
    ①率先垂範 
    ②やる意味を教える
    ③目標を与える 
    ④成功させる 
    ⑤ほめる
    ⑥一緒に考える 
    ⑦ワークショップ
    ⑧毅然と接する
  ・人は環境の生き物

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる