セミナー

圧倒的コストパフォーマンスでライバル企業に差をつける!
低コスト化の新手法
「コストバランス法」入門

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 「品質とコストの両立」。常に技術者に求められている要求は、コストパフォーマンスの高い商品開発とその生産能力です。ところが昨今、わが国のモノづくりは、顧客が望まない過剰品質や過剰機能を追求するあまり、国際市場で競争力を失い、また、部品単体に着目した安易なコストダウンにより大規模リコールを頻発しています。一方、コストパフォーマンスが高いモノづくりは、もともと日本が得意とするところでした。80年代に世界を席巻したメイドインジャパンは、まさしくその体現であり、いま設計の原点に立ち返ることが求められています。
 本講座は、品質とコストの両立に必須の道具として「VE」「QFD」「品質工学」「TRIZ」「標準化」の従来手法に、「モンテカルロ法」「コストバランス法」を加えた「5+2」種類の開発手法を解説。特に、品質を確保しつつ確実な効果と即効性のある「超」低コスト化設計法として、「コストバランス法」を演習を交えて徹底的に伝授します。コストパフォーマンスの高いモノづくりで、再び世界を席巻しましょう!
 なお、本講座は設計者のほか、生産部門や調達部門の方など様々な職種の方が参加し、好評を得ています。幅広い部門からの参加をお奨めします。

本講座で得られる知識
・要求品質から低コスト化の限界点の導き方
・競合他社と比較した自社の実力位置を求める方法
・低コスト化を容易に実現する具体的な手法

※メインテキストには「ついてきなぁ!品質とコストを両立させる『超低コスト化設計法』」(國井良昌氏著)を使用。受講生に進呈します。

概要

日時 2019年 11月 20日(水) 10:00~17:00
(9:30 受付開始 休憩11:45~12:45)
会場 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
※同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

國井 良昌 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 大阪支社
セミナールーム
大阪市中央区北浜東2-16
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

1.低コスト化はもううんざり?
 1-1 間違いだらけの開発手法選び
 1-2 設計見積り力の重要性
 1-3 日本と隣国の低コスト化会議の違い
 1-4 フロントローディング開発に必須の低コスト化手法
2.「5+2」種類が存在する低コスト化手法
 2-1 隣国が躍進したその訳は日本が捨てたVE手法
 2-2 日本生まれのQFD
 2-3 日本生まれの品質工学
 2-4 韓国工業界躍進の原動力はTRIZ
 2-5 甘い!日本の大手自動車企業の標準化
3.新・低コスト化手法を学ぶ
 3-1 2つの新しい開発手法を取捨選択
 3-2 なんでもできるモンテカルロ法
 3-3 中1数学で実践するコストバランス法
   3-3-1 コストバランス法の概念
   3-3-2 コストバランス分析とコストモーメント分析
4.演習で理解する!コストバランス法
 ※鉛筆削り器を題材にコストバランス法を習得!
 4-1 中1数学を駆使するコストバランス法
 4-2 「これ以上の低コスト化はできない!」の見える化
   4-2-1 低コスト化不可能を目で確認
 4-3 事例:競合機分析から自社商品の実力を知る
   4-3-1 競合機の情報を収集する
   4-3-2 コストバランス法の近似式(業界線)と相関係数
   4-3-3 業界線に対する自社の実力位置
 4-4 事例:自社商品の鉛筆削り器を徹底的に低コスト化
   4-4-1 目標は円でもなく%でもなく勾配(傾き)である
   4-4-2 部品費の見積り方法
   4-4-3 部品に関する低コスト化方針の決定方法
   4-4-4 組立費の見積り方法
   4-4-5 組立に関する低コスト化方針の決定方法
 4-5 鉛筆削り器の50%コストダウンへの具現化
   4-5-1 部品分析における50%コストダウンへの具現策
   4-5-2 組立分析における50%コストダウンへの具現策
   4-5-3 50%コストダウンの具体例
5.まとめと質疑応答
※メインテキストには「ついてきなぁ!品質とコストを両立させる『超低コスト化設計法』」
(國井良昌氏著)を使用。受講生に進呈します。

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる