セミナー

簡単! 便利! 明日から使える!
Excelを使ったやさしい射出成形解析

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

-工程能力の改善から良品成形条件の探索方法、製品寸法の調整方法、ランナー・ゲートなどの違いによる樹脂圧力損失、条件変更による冷却状況計算、回帰分析を応用した各種不良解析、及び、成形品の機械選定、成形サイクル予測までをエクセルで簡単計算

 現在では、パソコンにデータ入力すれば、自動計算やグラフ化も容易にできる世の中になっており、これを射出成形のいろいろな業務効率に使わない手はありません。たとえば、(1)統計解析の手法は、現場データの解析処理を手伝う強力なツールになります。
(2)さまざまな単回帰分析手法を使えば、射出成形機の仕様を近似式でまとめて、成形品に必要な機械選択を自動計算したり、
(3)製品や金型情報から、成形サイクル予測、さらに、(4)成形品見積りまでの営業活動へ展開していくことも可能です。
 また、開発設計面ではCAE解析も使いますが、きちんとした設計データや事前準備が必要で計算にも時間がかかります。そのため、頻繁な条件変更トライというわけにはいきません。そこで、CAEに頼る前に、Excelでちょっと確認してみることができれば、設計開発の効率化も期待できるでしょう。(5)CAE用の溶融樹脂粘度データを温度とせん断速度で重回帰分析することで粘度の近似式を作り、ランナーや成形品の圧力損失を計算することや、(6)簡単な基礎式で計算を繰り返しすことによって冷却時の温度分布状況や、成形サイクル工程での温度変化の様子などにも応用できるのです。(7)その他、Excelの多変量解析ツールを使うと機差の解析、金型費予測など様々な展開も可能となります。本講座では、Excelを使うことで、射出成形のいろいろな解析や計算の例を紹介します。
 本講座で使用するプログラムは皆様に提供しますので、成形条件の探索のためのデータ分析やサイクルタイムの短縮など、各自で日常業務に役立ててください。

※本セミナーで使用するプログラムは、開催3日前頃にメールにてご案内いたします。必ずメールアドレスを記載のうえお申込みください。
※「Excel2010」以降のバージョンをインストールしたPCを持参してください。※テキストには「エクセルを使ったやさしい射出成形解析」を使用。受講者に進呈します。

概要

日時 2019年 11月 29日(金)10:00~17:00
(9:30受付開始 休憩 12:30~13:30)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 44,000円(資料含む、消費税込)
※同一会場にて同時複数人数お申し込みの場合2人目から39,600円
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

横田 明 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

◆プロローグ
EXCELを使った射出成形解析と本講座の流れ
◆第1部:成形のばらつきと工程能力
1.統計解析と射出成形のばらつき
・工程能力とは、製造能力のばらつきと許容巾の比較。
2.射出成形現場での工程能力の改善方法
・統計手法の、F検定、t検定をエクセルで使って説明します。
 この使い方は、多変量解析へとつながっていきます。
・自社と客先との品質評価の違いをt 検定の一つで検証する方法もあります。単回帰分析でも確認してみます。
3.成形品データのうねりと変動要因の探索方法
・成形品質をグラフ化してうねりがある場合、移動平均を使って全体像を見てみましょう。
◆第2部:単回帰分析の射出成形への応用
4.成形品質の調整と単回帰分析
・例えば、寸法は保圧で変化します、この関係を単回帰分析で直線近似し、
 寸法公差と成形条件の許容巾の関係を調べ、最適成形条件を求めます。
・単位を無次元化することで、複数の寸法要求ヶ所がある場合の条件探索方法を紹介します。
5.シリンダ設定温度と実際の樹脂温度
・成形機のノズルから金型に入る樹脂温度は、シリンダ設定温度や可塑化条件以外に、
 射出の負荷圧力状況により変化します。これを単回帰分析してみます。
◆第3部:機械選定と成形サイクル
6.成形品と機械の選定
・直線以外のいろいろな単回帰分析を利用することで、機械の各仕様データを近似式でまとめ、
 成形品と金型に適した機械サイズ選定を計算してみましょう。
7.射出成形サイクルの内訳(参考)
・機械選定ができれば、次に成形サイクルデータも近似式を作ることで標準成形サイクルの計算に挑戦します。
・さらに、これから成形品見積りのための賃率へとつながっていくことも可能です。
◆第4部:金型内溶融樹脂の流動抵抗
8.溶融樹脂の粘度
・単回帰分析から重回帰分析へのStepとして、収縮率を例にとって、複数の条件との関係の解析方法を学びます。
・溶融樹脂の粘度は、温度とせん断速度によって変化するので、重回帰分析によって、粘度の近似式を求めます。
・流動時圧力損失の簡単な基礎式を、先の粘度の近似式も使いながら繰り返し計算することで、
 ランナー・ゲートでの圧力損失を求める方法を紹介します。
◆第5部:成形品の冷却計算
9.金型内成形品冷却時間の計算式
・よく知られている冷却時間の元となる基礎式を繰り返し計算することで、成形品の断面の温度分布や時間経過による
 変化を可視化する方法を紹介します。
・また、金型温度の両面が異なる場合や、成形品が取り出された後の温度変化などの計算へと応用してみます。
◆第6部:金型温度変化
10.連続成形時の金型温度変化の計算
・成形品部だけの計算から、金型を含めた計算へと広げ、予備温調の効果や、冷却水管路の距離の影響を考えます。
・金型内樹脂の有無条件を変更することで、成形サイクルが成形品温度、金型温度に影響を与える状況を考えます。
◆第7部:多変種解析
11.多変量解析の応用
・重回帰分析は量的データを解析した多変量解析の中の一つの手法です。
 成形品寸法の保圧と経過時間両方を対数処理して解析する方法もあります。
・成形機を変更した場合、成形機は質的データとなりますが、質的データを扱う場合の解析方法も紹介します。
・要求精度別(質的データ)のJIS寸法公差を多変量解析してみましょう。
・金型費の予測解析(参考)
◆エピローグ
本講座で使用したプログラムの活用法
※本セミナーでは、時間の都合上、Excelのバージョンの差異に関する説明および質問は省略します。
 使用するプログラムは受講生の皆様に提供しますので、利用目的に応じて各自で調整してください。

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる