セミナー

これを知らないと現場が大混乱し、投資先の企業活動を把握できない
M&Aの最重要事項にして最重要課題
投資効果を実現化させるM&A後の事業運営(事業統合・PMI)

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 最近、名門企業が海外での大型M&Aの失敗で、経営危機を含む問題になっている報道を新聞やビジネス雑誌、テレビ、書籍などで多く目にします。日本企業が行ったいくつかのM&Aは、減損会計対象となったものはもちろん、当初の発表時に買収企業側が述べたM&Aの期待効果が定量的に計測できない不明確な要素も多く、非難の対象となることが多いです。その結果、M&A、特に海外M&Aや新規事業系のM&Aはリスクが高く、日本企業では、成功しないのではとM&Aという選択肢そのものに否定的な印象を持っている方がいます。
 M&Aの失敗例の多くは、問題のある会社や事業を気づかずに買ってしまい、目算が狂ってしまった例もあると思いますが、ほとんどは、M&Aの後の経営統合や事業統合などのアフターケアをきちんと行わずに、単純に資本の論理で支配をしようとして、適切な経営・事業の戦略レベル、オペレーションレベルでの共有・統合がうまくできなかった結果だと思います。どのように素晴らしい会社や事業をM&Aをしても放置すれば、効果がでませんし、重要な経営問題が発生するのは自明の理です。
 M&Aが経営の現実的かつ重要な選択肢となった現在、経営統合、事業統合、PMIを中心に置くことは、失敗案件を減らすうえで必要不可欠な要素です。しかしながら、金融機関を中心としたM&Aアドバイザーは、M&A後の経営や事業の統合(Post-Merger Integration)には、不要な事業の売却以外には関心がありません。会計系のM&Aアドバイザーは、管理部門や情報システムの統合へのアドバイスは可能かもしれませんが、事業や技術に近い部分は適切なアドバイスには実務経験が薄いために、残念ながら限界があります。
 今回、製造業の方々を想定して、製造業を中心に事業会社の経営や管理業務だけではない事業オペレーションに精通する講師が、過去の経験や知識からM&A後の適切な経営や事業統合についての理論的、体系的な講義に合わせて、実務的な部分についても、詳しくお話したいと考えております。M&Aの検討の準備をしている方、現在、M&Aの交渉中の方、既にM&A後の経営統合や事業統合等のPMIで問題にぶつかっている方などに是非、聞いていただきたいと考えています。これを機会に皆様のご参加をお待ち申し上げております。

【受講対象】製造業においてM&Aに関与する企業経営者及び以下の部門を管掌する経営職、管理職
1.経営企画部門、事業企画部門、技術企画部門
2.事業部の所属でM&Aに関して経営企画等と社内交渉する必要のある方
3.営業・マーケティング部門でM&Aに関して経営企画等と社内交渉する必要のある方
4.技術部門の所属でM&Aに関して経営企画等と社内交渉する必要のある方

概要

日時 2019年 12月 13日(金)
 13:00~17:00(12:30 受付開始)
会場 日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料 27,500円(資料含む、消費税込)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。
主催 日刊工業新聞社
お申込みについて ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

中村 昌弘 氏

会場アクセス

日刊工業新聞社 東京本社
セミナールーム
東京都中央区
日本橋小網町14ー1
住生日本橋小網町ビル
セミナー会場案内図

このセミナーを申し込む

プログラム

 1.はじめに
 (1)最近の日本企業のM&Aの問題点
 (2)日本企業のM&Aの失敗について報道するビジネスの知識の欠落した
          報道・メディア、後知恵で解説する自称「専門家」が見えない真実
 (3)どうして、M&Aは、失敗するのか(失敗を作り出す背景)
 (4)M&Aにおける失敗とは何か
 2.M&A取引の基礎
 (1)M&Aの本質的な定義
 (2)M&Aの投資スキームの概要解説
 (3)M&Aの業務プロセス(典型的な例)
 (4)精査(デューデリジェンス)の概要解説
 (5)企業価値計算についての概要解説
 3.PMI業務に関する解説
  失敗事例1
   米国系機械装置、装置部品メーカのPMIの失敗
   (1)PMIとは何か
           ①PMIの定義
           ②PMIを考慮したDDの再定義
              初期DD、中期DD、後期DDについて解説
           ③PMIの種類と範囲
              初期PMIと総合PMIについて解説
           ④PMIの業務プロセスの概要
   (2)初期PMIの詳細業務内容
           ①PMIの全体体制の構築
               組織体制と業務プロセスの構築
           ②PMIの統制・管理業務の設計やメンバーの設定
           ③具体的な検討組織の業務内容やメンバーの設定
           ④事業・技術DD結果の共有、分析
           ⑤100日プランの作成と実行方法・進捗管理方法の決定
           ⑥Day1対策
   (3)総合PMIについて
           ①100日プランの実行結果評価
           ②事業DD、技術DDの結果の再確認、追加調査の必要性の判断
           ③総合PMIのプラン及びゴールを作成
           ④典型的な総合PMIプラン(体制、業務内容、目標)についての解説
           ⑤総合PMIプランの実行と実行結果の評価
   (4)経営幹部をめぐる、組織、人事、社内政治
           ①傾向と対策
           ②留意点
 4.その他PMIに関する留意点
   (1)内部交渉戦略
   (2)外部交渉戦略
 5.まとめ
   (1)なぜ、M&Aは失敗するのか
   (2)なぜ、PMIは困難なのか
   (3)PMI成功のポイント
   (4)絶対にやってはいけないこと
 6.質疑応答

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる