セミナー

国内有数のモビリティ試験場
東京大学柏キャンパス/生産技術研究所千葉実験所
(ITS R&R実験フィールド)見学会
~次世代「自動運転」に関する先進的な研究や取り組みを学ぶ~

チラシダウンロード(PDF)

開催主旨

 生産技術研究所・次世代モビリティ研究センター教授の須田義大教授が、国内有数のモビリティ試験場である東京大学生産技術研究所附属千葉実験所の「ITS R&R実験フィールド」(千葉試験線2.0 および走行試験 走路・試験用交通信号機から構成)をご案内し、次世代モビリティーに関する先進的な研究や取り組みをご紹介いたします。

概要

日時 2019年 11月 8日(金)
 13:00~18:00(現地集合)
会場 東京大学柏キャンパス/生産技術研究所千葉実験所(現地集合)
※会場には受講者用の駐車場が有りません。必ず最寄りの公共交通機関でご来場ください。
※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
受講料

33,000円(資料含む、消費税込)(モノづくり日本会議 会員企業は特別優遇あり)
※当日の持ち物:ご所属がわかる名刺2枚
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※受講料は銀行振込で受講票及び請求書が到着次第、原則として開催日1週間前までにお支払いください。
  なお、キャンセルにつきましては開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。
  1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催 日刊工業新聞社
定員 40名
お申込について ※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
プライバシーポリシー
お問い合わせ先 日刊工業新聞社 総合事業局
教育事業部 技術セミナー係
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

須田 義大 氏

会場アクセス

東京大学柏キャンパス/
生産技術研究所千葉実験所

千葉県柏市柏の葉5-1-5

このセミナーを申し込む

プログラム

13:00~14:00 須田教授ご講演
「モビリティ・イノベーション ー最近の動向と東京大学の取組」
自動運転の実装化への期待、それに伴うモビリティ・サービスの進展、CASEへの自動車産業の対応など、
100年に一度ともいわれる変革が進んでいます。最近の動向の紹介と、東京大学における取組、柏キャンパス
およびその周辺での実証実験等の概要を紹介します。
14:15~17:00頃 ITS R&R実験フィールド見学
鉄道実験車両見学

 須田研究室は、東京メトロと長年に渡り車両の走行安全性向上に関わる共同研究を実施しており、
鉄道技術の研究・発展を目的に東京メトロから銀座線の車両を譲り受けました。
 千葉試験場では、鉄道車両、ライトレール車両等の軌道系ビークルの実践的な走行実験のための
設備として整備しており、試験線(標準軌 全長約 333m)は、直線、緩和曲線、定常曲線(曲線半径 33.3m)、
分岐器、踏切、研究実験棟内には車両を整備できるピットなどを備えています。試験線の一部には
三線軌条および溝付きレールも敷設しており、台車および車両の走行実験、レール/車輪の接触に
関する実験、外フランジ型車輪など新構造車両の走行および各種交通モードとの融合に関する試験が実施可能です。

自動運転バス・交通試験路・交通信号機

 走行試験路(最大直線長約300m)はアスファルト舗装されており、自動車や二輪車、飛行体などに
関する様々な実験に対応できる環境が整備されています。本試験路では、機械工学や交通工学、人間工学、
音響工学など、様々な研究を実証的に行うことができます。
 本試験路は実際の信号機と同型のものを設置するとともに、街路、走行路および踏切など実道路環境を
模擬しており、実際の道路交通環境下では実施が難しい実車実験を行うことを可能にしています。
産官学連携によるITSの研究をはじめ、新たな安全運転支援システムや自動運転技術、V2Xおよび信号現示に
関する研究などに供されています。

大型車用ドライビングシミュレータ

 公共交通システムや物流システムにおける自動運転の実用化を促進し、実車での走行では危険が伴う実験や
実験条件の統制が必要な実験などを行うことを目的として、大型車特有の視界を考慮したビジュアルシステムを
備えている6軸モーション装置付き大型車両用ドライビングシミュレータを構築しています。
 本ドライビングシミュレータを活用して、次世代交通における自動運転バスや自動運転・隊列走行トラックの
実現で求められるHMI(Human Machine Interface)や社会受容性の評価に関する研究を推進しています。

▶▶▶詳細( http://www.kashiwa.u-tokyo.ac.jp/opc2019/annaizu/10map12.html
17:00頃~18:00 懇親会・意見交換会(立食)
 
※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる