顕彰事業

(2008年)
第51回 十大新製品賞 日本力(にっぽんぶらんど)賞

新製品技術

レーザTV LASERVUE (三菱電機)

 半導体レーザーを光源に採用したテレビを世界で初めて民生分野で製品化した。光の3原色(赤、緑、青)の各色レーザー光源を応用することで、通常のハイビジョン液晶テレビの2倍の色再現範囲(NTSC比180%)を実現。3D動画表示機能も搭載し、専用メガネを用いることで、高い色再現で迫力ある立体映像も楽しめる。

 65型の大画面で、厚さは約25センチメートル。寿命は有機エレクトロルミネッセンス(EL)テレビ並みの3万時間以上を達成した。低消費電力も大きな特徴。65型は定格135ワットと液晶テレビの3分の1、プラズマテレビの4分の1程度に抑えた。発光効率の高いレーザーを高速の点灯制御回路で最適駆動し、低消費電力を実現した。

 大画面の需要が大きい北米市場で販売する方針であり、大型のリアプロジェクションテレビの市場を置き換える考え。事業展開の本格化にともない、メキシコのリアプロテレビ工場の一部生産ラインを転用する。

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる