顕彰事業

(2008年)
第51回 十大新製品賞 本賞

新製品技術

超高速・高能率 大型マシニングセンタ FH1250SX (ジェイテクト)

 クラス最速で高負荷加工が可能なパレットサイズ1250ミリメートルの横型マシニングセンター(MC)。実加工範囲(ワーク振り)が直径2400ミリメートルと広い。最大積載量は5トン。風力発電機のギアボックスなど大物部品の加工に適している。

 各軸の早送り速度は毎分42メートルと高速で、軸の移動時間である非加工時間を短縮できる。また、主軸は回転数に応じて最適な予圧を軸受にかける「FVPS」を採用。低速回転時は予圧を高めて従来の2・5倍剛性を高め、高速回転時は予圧を抑えて発熱を25%低減する。これにより高能率加工を可能にした。

 同機の構造体は熱変位の影響を小さくする設計で、周囲の温度変化に対する変形量を従来比で約20%削減した。また独自の主軸熱変位機構も採用し、長時間加工でも安定して高い加工精度を維持できる。さらに、保全作業を支援する故障診断機能や工具管理を容易にする支援機能も充実した。

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる