顕彰事業

(2009年)
第52回 十大新製品賞 本賞

新製品技術

パケットトランスポート MPLS-TP ネットワークシステム「AMN1700」 (日立製作所)

 インターネット・プロトコル(IP)や広域イーサネットなどのパケット方式、従来型のデジタル通信など、通信インフラ上には現在、さまざまな伝送方式が共存する。方式ごとに設置する伝送装置が異なるため、通信事業者は1台で多様な通信サービスを提供できる装置の開発をメーカーに求めてきた。

 こうしたニーズをもとに、日立製作所はパケット通信の最新の交換方式「MPLS-TP」を世界に先駆けて採用した伝送装置「AMN1700」を開発。通信事業者に対し、既存網から次世代ネットワーク(NGN)などへの円滑な移行を可能にした。

 またネットワークの状態を常時監視し、障害が発生した際に短時間で自動修復する統合管理システムを搭載。個々のルーターがデータ流量を制御する従来方式に比べ、管理性能の大幅な向上につなげた。通信事業者の運用コストの低減を促しながら安全・安心な通信インフラの構築を実現する。

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる