顕彰事業

(2011年)
第54回 十大新製品賞 本賞

新製品技術

学習ロボット R-1000 i A (ファナック株式会社)

俊敏な動作 ロボ自ら学習

 ロボット自らが動作する時の振動を抑え、俊敏な動作を実現する「学習」機能を備える。ロボットのアームは、高速で駆動すると停止時に振動が大きくなる。学習ロボットは、振動を抑えたい箇所に加速度センサーを取り付け、プログラムを実行するだけで学習を実行する。特別な測定器や操作は不要。学習を行った後に教示位置の微調整を行っても、学習効果を維持する。教示位置を大きく修正した場合でも、変更した教示位置以外は学習効果が維持される。

 スポット溶接に適用した場合、動作時間を従来比20%短縮する。スポット溶接は動作時間がそのまま生産性に影響するため、動作時間の短縮が求められている。

 ロボット1台あたりの生産能力が高まり、少ないロボットでスポット溶接ラインを構成でき、システム費用の削減に寄与する。また、揺れやすい重い治具や加工対象物(ワーク)の搬送にも効果があり、従来よりも搬送速度が上がる。

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる