顕彰事業

(2012年)
第55回 十大新製品賞 本賞

新製品技術

超高速トリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計 GCMS―TQ8030 (株式会社 島津製作所)

極微量な成分に対応、電子制御技術を工夫

 国産初となるトリプル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS/MS)。装置内で質量分析計(MS)を2台つなぎ、従来のガスクロマトグラフ質量分析計(GC/MS)に比べて10倍以上高感度な1兆分の1レベルの測定感度で分析できるようにした。

 多重反応モニタリングで1秒間600種類の分析スピードは世界最速級の超高速性能を誇る。分析のため前処理でイオン化した分子を搬送する技術と、質量や物性を特定するための電子制御技術などを工夫したことで測定の高速化につなげた。

 環境や医療分野では残留農薬検出など1兆分の1レベルで残存する成分を調べるニーズが発生している。これに国産で唯一対応する同質量分析計は食品や水の安全性確保への貢献が見込まれる。

 従来機と同様の操作性を確保し、ユーザー移行時の障壁をなくしたのも特徴。これまで分析できなかった極微量な成分が調べられるようになったことで、質量分析計を用いる幅広い分野での活躍が期待される。

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる