顕彰事業

(2012年)
第55回 十大新製品賞 本賞

新製品技術

ものづくり革新隊 (富士通株式会社)

仮想の生産ライン再現、人の動きも事前に検証

 技術情報管理や生産管理システム、3次元CADなどの情報通信技術(ICT)製品に加え、精密組み立てロボットや塗布機、ハンダ付け装置、耐久試験機など、製造現場で実践を積み重ねてきた20種類以上のツール群を上流のコンサルティングも含めて提供する。

 スーパーコンピューターのような一品生産やパソコン、携帯電話などの量産化などで培ってきた実践ノウハウやツール、人材を結集し、「モノづくり革新」の新たな取り組みとして提案する。

 中核となる3次元CADシステムでは国内のマザー工場を中心とした生産拠点のグローバル化の支援を想定し、バーチャルファクトリー(仮想工場)環境を提供。工場の生産ラインを仮想的に再現し、開発段階で設計の完成度と量産性をデジタルモックアップで検証することで「モノを作らないモノづくり」を推進する。海外で生産ラインを立ち上げる際に、生産設備の配置はもとより人の動きなども事前に検証できる。

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる