セミナー

5/31(火)17:00受付締切!
【ライブ配信セミナー】
明日から使える!

自社製品が面白いほど売れる
「独壇市場」構築法
「市場」×「製品の位置づけ」×「営業ステップ」の見直しで、面白いほど自社製品が売れる!
市場開拓マーケティングの実践手法

開催主旨

どんなに「圧倒的なアイデア・技術の詰め込まれた製品・サービス」でも、

 

「顧客」が「優れている」と「認識」しない限り

 

購入にはつながりません。

 

この「商売の原理原則」を無視して、「根性論」の足で稼ぐ(数うちゃ当たる?)営業を繰り返しても、疲弊するばかりで、大きな利を稼ぐのは難しいというのが現実です。

 

自信も実績もある自社製品が売れない最大の理由は「優れた技術・製品」と「買い手である顧客」との「対話」の【営業設計・ステップ】が検討されていないこと。

つまり…

 

顧客の視点を考えずに「製品をいかにPRするか?」

 

を考えて営業するから上手くいかないのです。

 

まず一番最初に考えなければいけないことは…

 

顧客視点で「どう認識されるか?」が全てのスタート

 

そこから「技術・製品」が評価されれば、売上・利益につながります。

 

本セミナーでは、自社の優れた技術・製品を「買い手の視点から見つめ直す方法」を始め、「買い手」が自分から「欲しい」と言わせる【“営業のロジック”】を解説します。

 

MBAマーケティングで学ぶようなアカデミックな内容ではありません

 

豊富な事例を踏まえて、【明日から実践できる】「営業を設計する技術」をお伝えします。

 

・自社の製品に自信があるのに、なかなか営業が進まない方

・新規開拓に悩んでいる方

・今の市場から横展開して、独檀市場を作りたい方

・マーケティングを勉強したけど、イマイチ役に立たないと思っている方

・明日から【数字の上がる】実際の営業に繋げたい方

 

参加をお待ちしております。

 

申込者全員にセミナー講師の著書「営業を設計する技術」(かんき出版)をプレゼントします。

 ・日経「ビジネス書」ランキング2位を獲得!

 

本セミナーにて使用する講師著書「営業を設計する技術」を進呈いたします

 

-ご参加企業の主な業種-

・不動産業支援サービス業 ・化粧品製造業 ・環境整備業・ソフトウェア開発業 ・食品製造業 ・生産設備製造業 ・保険会社 ・事務機器メーカー ・店舗ソリューション機器製造業 ・セキュリティ機器製造業   ・健康機器製造業・輸送機器製造業・電器製品製造業・宝飾品製造業 ・飲料製造業・POSソフトウェアメーカー・建材用品製造業・空調機器製造業・印刷会社・IT受託開発会社 ・広告素材卸売業 ・半導体検査機メーカー・印刷紙器製造業・装置開発、部品加工業・アルミ素材用品製造業 その他多数

 

※お客様の声 ホームページより抜粋

●単発で契約は取れても、その業種、分野(市場)の展開が上手くいっていなかった。改めて商品の強み、価値を見つけてターゲットを見極めたいと思います。本日の内容を整理して、業務の中で実践できる点から動いて行きたいと思います.
●実際の体験談が多いため、実践に落とし込みやすい。
●最大手を無視して営業をし始めるとへそを曲げるというくだり(笑)攻め方もロジカルでわかり易かった。
●ステージ毎に顧客層が違うように、顧客層毎に提案手法が違うことが参考になりました。強みを掘り起こす4要素を明確にします。

 

本セミナーのテキストは、PDFにてお送り致します。
※お申込みの際に、テキストを受け取れるメールアドレスを記入して下さい。
(申込アドレスと異なる場合は、申し込みフォームの備考欄にてお知らせ下さい。)

 

概要

日時

2022年 6月 1日(水)13:00~17:00

(12:30 ログイン開始)

会場 WEBセミナー
WEBセミナーは、WEBミーティングツール「Zoom」を使用して開催いたします。

※当日の録音・録画は固くおことわり申し上げます。
ブラウザとインターネット接続環境があれば、どこからでも参加可能です。
受講料

お一人様:33,000円(資料含む、消費税込)

 

受講にあたり
開催決定後、受講票並び請求書を郵送またはメール(PDFファイル)にてお送り致します。
申込者が最少催行人数に達していない講座の場合、開催を見送りとさせて頂くことがございます。(担当者より一週間前を目途にご連絡致します。)
受講料
振込手数料は貴社でご負担願います。
キャンセルについて
開催日1週間前までの受付とさせて頂きます。1週間前までにご連絡がない場合はご欠席の方もキャンセル料として受講料全額を頂きます。

主催

日刊工業新聞社

※弊社プライバシーポリシー(個人情報保護方針)をご一読いただき、申込みフォームより必要事項をご入力ください。
⇒ プライバシーポリシー

申込締切日について

講座開催の3営業日前17:00〆切
※セミナーによって締切が異なる場合もございます。早めにお申込みください。
原則、資料を受講者の方へ郵送するため、お手元に届く猶予を頂いております。予めご了承ください。

【営業日】について
営業日は平日になります。 ※土曜/日曜/祝祭日は、休業日です。

(例)6/16(火)開催の場合、6/11(木)が締切日となります。

問い合わせ先

日刊工業新聞社
総合事業局 セミナー事業部
TEL: 03-5644-7222
FAX: 03-5644-7215
E-mail : j-seminar@media.nikkan.co.jp
TEL受付時間:平日(土・日・祝日除く) 9:30-17:30

講師

藤冨 雅則 氏

このセミナーを申し込む

プログラム

《独壇市場 戦略1》「製品」は売れない。「商品」になってはじめて売れだす!

・ 優れた製品 ≠ 良い商品
・ 良い商品 ≒ 売れる商品
・ 自己満足の「強み」を、市場から歓迎される「強み」に変換する方法

《独壇市場 戦略2》 製品を作っても儲からない。「独壇市場をつくって」儲けろ!
・失敗しない事業の選択→戦略の決定 : アンゾフ成長戦略
・「成功しやすい収益事業」と「骨折り損のくたびれ儲け事業」の差とは(独壇市場マトリックス)
・圧倒的な【独壇市場】を獲得し「高収益体質」を築く
《独壇市場 戦略3》 買い手を魅了する「商品訴求ロジック」
・顧客は商品を購入しない。コンセプトを購入している(コンセプト三角形)
・売れるコンセプトから「製品開発」に落とし込むコンセプト・ピラミッド思考法
・成功確率を格段に引き上げる「コンセプト・テスト」の実施法(テストセールス)
・安売りしない「顧客納得高単価戦術」の進め方
《独壇市場 戦略4》  市場開拓を一気に進める営業担当の「武器」を作り上げる
・【顧客が買わない理由を未然防止】する「大義」の抱き方
・時代を味方つけると「売りやすさ」が実感できる
・売上を加速させる「信用の移転効果」を手中に入れる
・顧客を魅了するプレゼンテーション・ロジックを確立する(カリスマ・プレゼンテーション・ロジック)
《独壇市場 戦略5》  成功する独壇市場開拓手順
・戦略は二の次。勝ち戦ができるか否か…すべては「兵站」で決まる(織田信長手順)
・狙う、決める、拡げる の3段戦略を実践する
・独壇市場を築き上げる「見込客接点」の企画・開発法
《独壇市場 戦略6》売上が上がり続ける社内会議「PDCAディスカッション」
・仮説なき仕事は「惰性」を生み、検証なき仕事は「事なかれ主義」を育む
・一見ムダな第三者視点によって、結果「成果の出る企画力」を生み出す
・PDCA管理で書き留めるべき「トリガードキュメント 」

ご参加者の主な声

「市場の2番手、3番手を狙う…等、実践家ならでは視点が強烈に響きました。 即刻、幹部と戦略会議を開きます」
「緊急ではないが、重要な仕事が利益を生みだす…7つの習慣が初めて腹に落ちました」
「波及する法則…ピラミッドの法則は初めて知ったのと、ヘッドピンを狙う方法が初めてわかった」  …他多数。

 【ライブ配信セミナーに伴う注意事項について】⇒ 【詳細はこちら】
 ※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点でご同意頂いたとみなします)

このセミナーを申し込む

一覧へ戻る

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる