• 知りたい
  • 発信したい
  • ネットワークに参加したい
  • 人材を育てたい
  • 経営アドバイス・外部評価を受けたい
  • 調査・分析をしてほしい
  • 紙媒体
  • 書籍関連
  • web関連
  • 展示会/セミナー
  • 人材育成関連
  • コミュニティ
  • 調査/経営・広報/各種支援サービス
  • その他

商品・サービス紹介

4. 展示会/セミナー

A 主催展示会
1.専門展示会を開催
■東京:
国際ロボット展、Japan Robot Week、MF-TOKYO、スマートファクトリー展、真空展、洗浄総合展、SAMPE JAPAN、高精度・難加工技術展/表面改質展、試作市場&微細・精密加工技術展、部品供給装置展、モノづくり体感スタジアム
■名古屋、大阪、福岡:
名古屋プラスチック工業展、西日本食品産業創造展、モノづくりフェアほか
B 受託(展示/セミナー)
受託(展示/セミナー)
1.受託事業
展示会やセミナー等の事業について、一部もしくは全体の企画・運営を担うことができます。
■企画立案、実施計画策定
■HP制作等、集客・広報
■出展社や参加者の管理業務
■会場施工や運営・進行
■事後PR・広報
C World Robot Summit
1.World Robot Summit
ロボットの活躍が期待されるさまざまな分野において、世界中から集結したチームがロボットの技術やアイディアを競う競技会「World Robot Challenge(WRC)」と、ロボット活用の現在と未来の姿を発信する展示会「World Robot Expo(WRE)」とで構成しています。
2.会期等
2020年10月8日~11日 @愛知県国際展示場
2020年8月20日~22日 @福島ロボットテストフィールド
D 展示会一覧
1.概要
全国の主要見本市・展示会を網羅。
2.特色
■カレンダー方式で見やすさを追求
■全国の主要イベント会場が一目でわかる構成
■ 展示会名、会期、会場、展示内容はもちろん、入場料の有無、ホームページアドレスも掲載。

取り組み事例

展示会「国際ロボット展」
展示会「国際ロボット展」

国内外の産業用・サービス用ロボット、
関連機器を一堂展示

 生産性向上や介護・医療、農業、インフラなど、様々な分野で活躍が期待されるロボット技術。「国際ロボット展」は、国内外より最新のロボットが展示されるほか、AI、ICT、要素技術などロボットに関わる技術が一堂に会す展示会で、世界中のロボット関係者やユーザーが集います。
 会期に合わせて新製品の開発を進め、展示、新聞、雑誌、Webを活用してプロモーションを行うロボットメーカーも少なくありません。
 ロボットの市場創出と産業技術の振興に寄与しています。

担当:総合事業局イベント事業部

展示会「MF-TOKYO」
展示会「MF-TOKYO」

鍛圧機械の国際展示会
として大きく飛躍

 MF-TOKYOは、鍛圧機械(プレス・板金・フォーミング・自動化・周辺機器)の国際展示会として2009年に初開催。本展は鍛圧機械・自動化装置・関連機器・加工技術・サービス技術が一堂に会します。
 機械単体だけでなく一連の工程を見せる、外部の工場の生産状況とIoTで連携して見せるなど、専門ソリューション展として毎回規模を拡大する形で実施しています。
 19年度第6回では将来のモビリティー社会に向けた付加価値の高い技術が多くみられる等、最先端の機械や技術を紹介しています。

担当:総合事業局イベント事業部

受託系(展示&セミナー)
受託系(展示&セミナー)

運営から動員まで
一括して受託

 官公庁や自治体のイベント、企業や団体のセミナーまで数多くの受託実績を持ちます。
 受託イベント・セミナーでは、約20万件の個人データを利用して、メール配信や招待状の発送を行い、地域・産業別にクライアントの希望に合わせて動員が可能です。
 また、受託顕彰事業の表彰式を展示会内で実施する等、多面的なコラボレーションも行っています。全国支社・支局と連携し、応募対象企業の紹介や受賞後の紙面掲載まで一括して行い、応募件数の伸び悩みを大きく変化させることにつなげています。

担当:総合事業局業務推進部

World Robot Summit
World Robot Summit

人とロボットが共生し、
協働する社会の実現に向けて

 World Robot Challenge(WRC)は、ロボットが実際の課題を解決する姿を示し、ロボットの社会実装を促進するための4カテゴリーから構成される競技会です。

1.ものづくりカテゴリー
・製品組立チャレンジ
2.サービスカテゴリー
・パートナーロボットチャレンジ」
・フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ
3.インフラ・災害対応カテゴリー
・プラント災害予防チャレンジ
・トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ
・災害対応標準性能評価チャレンジ
4.ジュニアカテゴリー
・スクールロボットチャレンジ
・ホームロボットチャレンジ[ミニサイズ]
・ホームロボットチャレンジ[リアルサイズ]

担当:総合事業局イベント事業部

各種商品・サービスに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる